2014年8月25日月曜日

フランス・アルプスで過ごす夏休み-プラロニャン ラ バノアーズ

こんにちは、パリ支店です。

夏のバカンスシーズンもそろそろ終わる頃ですが、山で過ごすバカンスのアクティビティーをご紹介します。

フランス・アルプスの町 プラロニャン ラ バノアーズは国立公園に囲まれた標高1410mにある町です。

トレッキングコースには、目的地と所要時間が分りやすく表示された案内があります。


もっともポピュラーなコースはラック ド バッシュ(牛の水飲み場)は2318mに位置します。

途中は意外と歩きやすく、子どもからお年寄りまで歩いています。

国立公園の中は動植物が保護されていて、野生のマルモットにも出会えます。
運がよければ、アイベックスや、シャモアなども見られるそうです。

ロープウェイで2000mの展望台まで一気に上れます。

人気のスポーツ ビア フェラータ(岩登り)で滝を登っていきます。



子どもには乗馬も人気です。


レッスンの後、散歩します。


アクロブランシュは自然の岩や木を生かし、木から木へ渡って行くアクティビティ-です。
安全装具を身に付け、レクチャーをうけてから、挑戦します。 
大人用コースと子供用コースがあります。

縄のつり橋を渡り空中基地へ。



チロリアンは張ってあるロープに器具をつけて滑りおります。

大人用は400m、子供用でも200mでかなりの迫力です。

避難小屋をかねたレストランで一休み


アパ-トのプライベ-トプールで泳ぐのも忘れません。

大人も子供も十分楽しめる山のバカンスを、是非お試しください。

2014年8月18日月曜日

サマーマーケットとクラフトビール



皆さん、こんにちは!ブダペスト支店です。

ハンガリーでは、暑い日と雨の日がコロコロ変わりますが、今回は、暑い日にも雨の日にも楽しめるものをご紹介します。
暑い日には、ちょうど今開催されているサマーマーケットに、おもしろいものを見つけにいらしてください。
雨の日には、最近人気沸騰中のクラフトビールがおすすめです!

サマーマーケット

最近では、クリスマスのシーズンだけでなく、夏にもブダペストの至るところでマーケットが開催されています。
さて、今年のサマーマーケットでは、どのような物や食べ物が売られているのでしょうか。
ホットワインのかわりに夏らしいモヒートやレモネード、手作りアイスやハンガリー風カキ氷を販売中。暑い時にリフレッシュできます!



また、キャンディーなどのスウィーツも幅広く売られているので、甘い物が好きな方にはまさにパラダイス! 



ハンガリーの伝統的な焼き菓子 キュルテシュカラーチは、その場で焼かれて提供されます。シナモン、くるみ、バニラ、ココアとフレーバーも豊富で、とても美味しいです。ハンガリーに訪れるすべての観光客の皆さんに、ぜひ一度お試しいただきたいです。



10時、11時まで開催されているマーケットで、ライブコンサートの心地よい音楽を聞きながら、観光客だけでなく、たくさんの現地在住の方も食べたり飲んだり、ショッピングをしたりとゆっくり過ごします。



マーケットは公園の周りで開催されているため、買った食べ物を持って
公園でピクニックすることもできます。



疲れたら人目を気にせず寝転ぶ人もいます。


子供たちも公園にある噴水を楽しんでいます。



マーケットには、他のお店ではあまり手に入らないものもよく売っています。
おもしろいことに、最初はマーケットで始まり、その後人気が爆発し広がったようなものもたくさんあります。
今年は、この新しいデザインのネックレスが大人気になるのではないかと。。。(マフラーバージョンもありますので、何か特別なものが欲しい方は今すぐゲット!)



女の子用の可愛い服もお土産に最適!





カラフルなおもちゃも可愛いでしょう。


では、雨の日にも楽しめる小さな醸造所で造られているビール、いわゆるクラフトビールをご紹介したいと思います。

2012年からハンガリーのクラフトビールの人気が著しく上昇しています。
この2年間でクラフトビールを提供する居酒屋やパブが急速に増えてきました。
外国人の方にも大好評の「Léhűtő パブ」では、2013年のハンガリー地ビール醸造コンテストで金賞を受賞したTávoli Galaxisを生で飲むことができます。
Távoli Galaxis(遥かな銀河という意味)は6.1%のアルコール度数を持つ、ホップの味が強く残っているホロ苦いインディアペールエール(IPA)です。

Léhűtő パブでは、6種類の生ビールだけでなく、瓶ビールの種類も豊富です。女性の方に大人気の味付きビールを始め、キビから造られた甘辛い味のする独特なビールまで販売されています。












ハンガリーにお越しの際は、ぜひLéhűtőにお立ち寄り下さい!



2014年8月11日月曜日

バーバリアンアルプスとチロルの絶景トレッキング

こんにちは、フランクフルト支店です。
ドイツも暑い日が続き、夕方は毎日のように雷雨が発生していますが、少し涼しい場所をご紹介します。
バイエルン州のミュンヘンより南西約100kmに位置する、ドイツ最高峰のツークシュピッツェ (Zugspitze)です。

標高2,962Mのこの山は、麓のアイブゼーから山頂までロープウェイでノンストップで上がることが出来るため、どなたでも簡単に山頂からの絶景を楽しむことが出来ます。

 

また、山頂はオーストリアとの国境にもなっているため、チロル側へすぐ入国可能です。

トレッキングコースも豊富にあるので、拠点となるグレイナウ(Grainau)やガルミッシュ・パルテンキルヒェン(Garmisch-Partenkirchen)の宿に泊まりながら、のんびりハイキングが楽しめます。
 


そしてここからは少しマニアックな話になりますが...
6月19日-20日に開催された ‘Zugspitz Ultra Trail’という100kmのトレイルランニングレースに出場してきました。
ツークシュピッツェの周囲をぐるっと1周する、ドイツとオーストリア2国間にまたがる山岳レースです。
 
 前日の選手受付を済ませ、前夜祭兼ブリーフィングも参加。




翌日朝7時にスタートです。




最初はガスで景色もほとんど見えませんが、自主参加の猫ちゃん?に癒されながらも、急斜面の登りでぐんぐん標高が上がっていきます。




そしてガスもすっかり無くなり、圧巻の絶景が一面に広がりました。






長い長い登りと降りが続く過酷なコースで、中盤から下半身中が痙攣してしまい、後半10kmほど続く平地区間では一切走れなくなってしまいました。
ただ日本の山々とは異なる素晴らしい絶景のおかげで、きつさも和らぎます。



 

70km地点あたりからペースが一緒になったポーランド人ランナーと最後まで励ましあいながら、17時間32分掛けて何とか初の100kmレースを完走することが出来ました。


レースとしてはとても過酷ですが、全て一般の登山道を使用しているので、一部だけをおいしいとこどりでトレッキングすることも可能です。
フレスコ画の町並みや10年に1度開催するキリスト受難劇で有名なオーバーアマガウは車で40分程度、ノイシュヴァンシュタイン城も車で1時間程度の距離です。是非周辺観光と組み合わせてご旅行されては如何でしょうか。


フランクフルト支店 N