2012年7月23日月曜日

おいしいものがいっぱい!バスク地方の旅








本日の話題は、スペインの中でも美食の地の誉れ高いバスク地方です。

スペイン料理といえばタパスが最初に浮かぶ方が多いと思いますが、
スライスしたパンに、色々な具材を乗せたピンチョスはここバスク地方が本場の
タパス料理です。

バスク地方の中でも、フランス国境に近いサンセバスチャンは、
ビスケー湾の真珠 といわれる瀟洒なリゾート地。
のんびりリゾートを楽しむのもよいですが、サンセバスチャンではバル巡りがお勧め!
旧市街には、ピンチョスやタパスの食べられるバルがひしめいています。
パンの上にトルティージャや生ハムの乗ったスタンダードなタイプのピンチョスから、
一口で食べられる小さなスプーンの中のとても手の込んだ温かいお料理まで、
そのお店ごとにそれぞれ趣向を凝らしたさまざまなタパス料理を楽しみながら
バルのはしごを心行くまで楽しむことができます。


フォアグラのタパス
ハモンのピンチョス
昔ながらの正統派?のピンチョス
神戸牛のミニハンバーグ

ムール貝料理専門のバルもあります




























食べ歩きに疲れたら、美しいい弧を描くコンチャ湾に沿って腹ごなしのお散歩をしたり、
ケーブルカーにのってモンテイゲルドへ上ってみるのもよいかもしれません。
モンテイゲルドから見渡すコンチャ湾の眺めはお天気がよければ格別です!



モンテイゲルドに登るケーブルカー
モンテイゲルドから見るコンチャ湾の眺め


*****

サンセバスチャンからさらにフランス側にバスで30分ほどのところにある国境の町
オンダリビアには、国営のホテル パラドールがあります。
古いお城や修道院などの建物を改装して宿泊施設にしたパラドールはスペイン各地にありますが、
オンダリビアのパラドールはもともとは中世の要塞だということで。。

外観はこの通り。要塞そのものです。

外観だけでなく、パラドール内のパブリックスペースも趣があって、
なんだか夜には中世の騎士のお化けが出てもおかしくないような雰囲気も漂いますが。。

お部屋はこのように現代的に整えられていてとても快適です。
スタンダードタイプのお部屋



オンダリビアの街自体は、木組みの小さな家の並ぶかわいらしい街並です。



















オンダリビアからはこんな小さな渡し船に乗って対岸のフランスの街エンダイヤまで
お散歩にいくこともできます。



当たり前といえばそうなのですが、エンダイヤの街はオンダリビアと同じくバスク風ですが、
国境をまたぐと、やっぱりちょっと雰囲気が違ってフランスの香りが漂います。
一度の旅行で2度おいしい気分です!
国境を越えたフランス側 エンダイヤの街並

*****

食べ物の話に戻りますと、このバスク地方は、スペインの中でも
ミシュランの星付きのレストランが一番密集していることでも有名です。
この小さなオンダリビアにも星付きのレストランがあります。

ミシュランの1つ星レストランアラメダのお料理。


新鮮なイカの入ったリゾット風



人のおうちにお邪魔しているようなアットホームな
雰囲気のレストランで、スペインで今まで食べた中で
一番のプルプルの鱈料理をいただきました。
オンダリビアにいらっしゃる際には、
ぜひお勧めのレストランです。






*****

バルめぐりだけでなく、ミシュランの星付きレストランめぐりも
できてしまうバスク地方へは、いずれもバルセロナ/マドリードから飛行機で1時間ほどの
サンセバスチャンかビルバオがゲートとなります。

いわゆる皆様のイメージするスペインとは少し雰囲気が異なる
バスク地方への美食の旅もぜひお勧めです!
バスク地方へのご旅行のお問い合わせはJTBバルセロナまでどうぞ!

(バルセロナ/A)

2012年7月18日水曜日

フィンランド 夏のオススメ

輝く太陽、映える緑、光る水面。
そんなフィンランドの夏にオススメの週末小旅行をご紹介します。


・・・が、あいにく梅雨かと思われるほど雨ばかりの週末だったため写真に輝く太陽は見られませんが、光溢れる週末旅行をご想像ください。


今回ご紹介するのは、西の古都Turku(トゥルク)から南に1時間ほどの Nauvo(ナウヴォ/スウェーデン語でNagu)という街です。 Turku周辺は海に浮かぶ島が多く、ひっそり静かな夏の週末を過ごせます。 Nauvoもそのうちの一つ。ヨットハーバもあり、首都ヘルシンキ始め国内各地、周辺各国からのボートが停泊し、つかの間の滞在を楽しんでいるようです。



まずTurkuから車で向かうと。。。










道路がぷっつり切れていますので、慌てず動く道路(フェリー)に乗り込んでください。道路の代わり、ということでもちろん乗船料など不要です。 2隻が常に往復しており、混雑していなければ待ち時間も入れて 15〜20分で海越えできます。乗用車だけでなく自転車で島巡りをする人々や市バスも乗り込みます。




一度海越えをして、いくつか橋を渡るとNauvoの中心地にたどり着きます。小さな街ですがB&Bやカフェ、レストラン、スーパーマーケットなどもあり、のんびりと過ごしながら必要なものも手に入る、という居心地の良さがあります。


ちなみにこの辺りはフィンランドのもうひとつの母国語であるスウェーデン語色が強く、お店や人の名前を見ていると、スウェーデンにいるような感じです。地元の人はスウェーデン語・フィンランド語・英語をまず基本的に話すようです。観光客が多いせいか、皆さん英語がとても上手です。



今回宿泊したのはLanternaというB&B。ちょっとのんびり屋さんのオーナーがとても親切に対応してくれる温かい宿。7室あり、部屋によって装飾も雰囲気も違います。

Restaurant - Hotel Lanterna
Nauvoヨットハーバ前にあり、手作り料理のカフェもオープンしています。








レセプション

キッチン入り口






カフェとレストランのある中庭

2階廊下
共用の冷蔵庫や湯沸かし器もあります











朝食
パンが美味しかった!













近隣には教会や博物館もあり、島の散策を楽しめます。また、ボートで別の島へ渡ったり、貸し自転車でサイクリングしたり、乗馬、ハイキング、イチゴ摘みなどなど。この日は残念ながら雨だったり小雨だったり大雨だったりと不安定な天気。
 

散歩



この夏はフィンランド全体、30年に一度くらいの、寒く雨ばかりの夏だとのこと。この宿のおかみさんも、この辺りは夏はいつも晴れてる場所なのに・・・おかしいわ、と。








ヨットを見ながらたそがれるヒト

L'escaleというレストランは海側眺望のテーブルもあり雰囲気良し、スタッフも明るく親切。料理も美味でした。










Farmer's Salad
ドレッシングとベーコンが・・・美味

サーモンとオニオンのチーズケーキ
(前菜)















このレストランの横に停泊しているボートは姉妹店のピッツェリア。

座席からの眺め







ケバブピッツァ!
生地は薄く、とろとろ、ぱりぱり




ボートで1時間の周遊クルーズに出かけられます。



Turkuから来たと言うフィンランド人老夫婦とご一緒しました。出発時は雨が降ってきて湿気が多かったので窓が曇り・・・ご婦人が船長さんに「景色が見えないわ、私達が拭くから道具を貸して」と。皆で自分の近くの窓をふきふきしながら観光、船長さんは売り物のコーヒーを無料でサービス。こういうアットホームな雰囲気、フィンランドでは良く感じられます。



ボート内
ボートからの眺め


私が窓の内側から写真を撮っていると、窓を開けてそこから顔出して取ったほうが良いわよ、と肌寒そうにしていたのに気を遣ってくれたり。
少し雨漏りしていて濡れたテーブルを拭いたり。
このご婦人のお心遣いが嬉しかったです。
Kiitos!(ありがとう!)
こういう何気ない出来事や人との出会いも旅の喜びですね。



フィンランドらしい(と私が思う)風景

狭い場所も通り過ぎ
ジャングルクルーズみたい
















Turkuからはバスでも訪れることができるNauvo。
Turku観光、ムーミン谷とあわせてぜひ足を伸ばしてみてください。日本からいらっしゃる方だとちょっと行きにくい場所かもしれません。欧州各地にお住まいの方々、こちらにいらっしゃるうちにぜひ一度!


☆Turku
首都ヘルシンキから特急電車で約2時間。
または欧州いくつかの都市から航空直行便が出ています。
お隣スウェーデンのストックホルムとはシリアラインのフェリーでも結ばれています。


☆Nauvo
Turkuからバスで1時間15分、車で1時間弱、
フェリーでも行け、所要約3時間。


ご興味のある方は、お近くのJTB支店までお問い合わせください。




おまけ
Turku~Nauvoの道路沿いにSattmarkという小さな村があります。
カフェ、民芸品のお店とその辺りでとれる農産物・魚を売る店があるだけですが、可愛らしい村なので、ドライブされる方はここでぜひ一息休憩を入れてみてください。


カフェ






カフェ内部







手作りのラズベリーソーダ。
ブルーベリー、リンゴンベリーなどもありました。
保存料など入っていないそうです。











(フィンランド支店 H)

2012年7月9日月曜日

アムステルダムからこんにちわ!お勧めレストラン、お土産ショップ情報


アムステルダムからこんにちわ!
旅行先でレストランチョイスに失敗!・・・・そんな経験は誰にでもあるものです。
この夏、アムステルダムを訪ねてみよう!という方に・・・・JTBアムステルダム支店から、お勧めのレストラン情報をお届けします。
アムステルダムは一般的に、レストランの水準は高い・・・と言えるかもしれません。
気軽に街角で頬張れるケバブやピザなどのファーストフード、さらにオランダB級グルメから、ちょっとかしこまって食べるイタリアンやフレンチまで・・・・バラエティに富んだ料理が楽しめます。
アムステルダムにやって来た殆どの旅行者が降り立つのが「アムステルダム中央駅」(Amsterdam Centraal Station)です。(他の都市から列車で来られる方も、スキポール空港から列車で市内に出られる方も、殆どの方がこの駅に降り立ちます)
中央駅の前は、今も地下鉄南北線の工事が進められていますが、駅前広場にはツーリストインフォメーション(VVV)があり、その下階にある<Smith Koffiehuis >は、軽食を食べるのにお勧めです。
オランダ名物のパンケーキやサンドイッチなどの軽食を食べながら、その後の観光の計画を相談したり、ちょっとしたコーヒー・ブレイクにも便利なロケーション。
運河に面したテラス席があり、お天気の良い日は是非、テラス席に座ってみて下さい。
(ちなみに、このテラスには運河クルーズのボート乗り場もあります)
http://www.smitskoffiehuis.nl/

Smith Koffiehuis

【中華料理】
アムステルダムの中華街は、ニューマルクト(Nieuwmarkt)、「涙の塔」からニューマルクトに向かって伸びるヘルダーズカーデ(Geldersekade)とそのの1本西側に伸びるゼーダイク(Zeedijk/善徳街)周辺です。
この辺りには、それこそひしめくように中華レストランが並んでいます。漢字(中国語)で書かれた看板もたくさん見られます。
「ここは本当にアムステルダムなんだろうか?」と思ってしまうほどです。
シンプルな中華料理からフュージョン系の中華料理、そして、さらにタイ料理やベトナム料理のレストランも見つけられます。

Zeedijk (善徳街)


Thaisnack Bird
(タイ料理)

【インドネシア料理】
日本で見るガイドブックにはオランダ料理の一つとして、「インドネシア料理」が挙げられています。
「何故?オランダでインドネシア料理?」と思われるかもしれませんが、オランダはインドネシアのかつての宗主国。その影響もあってインドネシア料理はオランダの名物料理のひとつとなったようです。
お勧めはレンブラント広場(Rembrandtplein)に面した< Indrapura >。街の中心からも近く、ショッピングや買物の後の夕食・・・というのにも便利なロケーションです。
人数が3人以上であれば是非、「ライス・ターフェル(Rijsttafel)」をお試し下さい。(大体は2人以上から・・・というのが多いのですが、2人だと食べ残してしまうかもしれません)
「ライス・ターフェル」、英訳すると「ライス・テーブル」。いろいろなインドネシア料理をちょっとずつ食べてみたい・・・・という方にはうってつけのメニューです。インドネシアのいろいろな料理が少しずつ小皿で出され、メインはご飯。サフランライスであったり、白飯であったり・・・。両方出されるお店もあります。お肉類が苦手・・・・という方には「ベジタリアン・ライス・ターフェル」もあります。(インドネシアがオランダの植民地であった頃、在インドネシアのオランダ人農園主が、ライスと何十種類ものインドネシア各地の料理を少しずつ食べる形式の「ライス・ターフェル」を作り上げました。彼らの豊かさを反映した料理と言えますが、オランダ植民地時代の終焉と共に、今ではオランダ以外では、本場インドネシアのレストランでも、一部の高級レストランでのみ供されるようになりました。)
http://indrapura.nl/?lang=en


Indrapura
 
スパウ(Spui)の傍にある< Restaurant Kantjil & de Tijger >も、気軽に食べられるインドネシア料理としてお勧めです。
単品のインドネシア料理も結構ボリュームがありますので、ダム広場近くの観光や買物の途中でのインドネシア料理での昼食を・・・と言う時には便利です。
店内の雰囲気はとってもモダンなカフェ・レストランのイメージです。
http://kantjil.nl/

Kantjil &de Tijger

【オランダ料理】
オランダに来たからには「本場のオランダ料理を食べてみたい!」という方、ダム広場(Dam)からさほど遠くないところにお勧めのレストランはあります。
ひとつは< d'Vijff Vlieghen >、日本語に訳すと「五匹の蝿」。その名前の通り、シンボルマークは「五匹の蝿」です。
18世紀の建物に17世紀からのデルフトブルーのタイルで飾られた店内は、古き良き時代の面影を今に残します。
ちょっと予算に余裕が有る方は是非、お試し下さい。
http://www.vijffvlieghen.nl/en/home

d'Vijff Vlieghen

この「五匹の蝿」の通りを挟んだ斜向かいにあるのが< Haesje Claes >。
こちらも昔ながらのオランダの面影に囲まれてのオランダ料理が楽しめるレストランです。
http://www.haesjeclaes.nl/?language=en_EN

Haejes Claes
ライツェ広場から徒歩5分にあるのが< de Blauwe Hollander >
ここでもお手頃価格でオランダ料理が楽しめます。
http://www.deblauwehollander.nl/engels/index.html

de Blauwe Hollander

【EETCAFE】
気軽にコーヒーやビールだけでも構いませんし、ご飯も食べられる「EETCAFE」。
EET・・・オランダ語で「食べる」という意味。すなわち、ご飯が食べられるカフェといった感じ。
このEETCAFEは市内のあちこちで見られます。(フランス語で言うところの「ビストロ」です)
歩道や広場にテラス席を張り出している店もあります。
気軽にテーブルの上のメニューを覗いて、気に入ったお店で食事を摂るのもアムステルダムならでは・・・と言えるでしょう。
EETCAFEが特にたくさん軒を連ねるのはレンブラント広場(Rembrandtplein)、ライツェ広場(Leidseplein)。
観光やショッピング途中のコーヒーブレイクや食事にうってつけです。レストランと違って、開店中は何時でも食事が摂れます。もちろん、コーヒー&ケーキでの休憩にも気軽に使えるので、観光途中の小休止のご利用にもお勧めです。

ライツェ広場(Leidseplein)

レンブラント広場(Rembrandtplein)


【その他のお勧め】
<de Carrousel >
市内南部、「ハイネケン・エクスペリエンス」の運河を挟んだ向かい側にあるパンケーキ・レストラン。オランダといえば、パンケーキ。甘いデザート・パンケーキもありますが、ベーコン&チーズなど、お食事パンケーキもあります。パンケーキ以外もサンドイッチやシュニッツェルなどもあります。
(お店の名前の通り、店内中央には回転木馬が・・・・)
(Tweede Weteringplantsoen 1 1017 ZD Amsterdam)

de Carrousel


< Shabu Shabu >
和食が食べたい!という方に・・・・。
「ハイネケン・エクスペリエンス」から歩いて3分ほど。
所謂、食べ放題の和食レストラン。料金は定額です。食べたい物を、食べたいだけ、メニューを見てオーダー。ただし、食べ残した場合は罰金です。
お寿司はもちろんの事、から揚げ、焼き鳥、漬物からデザートまで、メニューは豊富!特に複数人数で食事をされる場合はお得です!
http://shabushabu.nl/home/portfolio-item/amsterdam/

Shabu Shabu Restaurant

こういった形態の和食レストランは市内にも何箇所かあります。
<Tokyo Cafe >、そしてその姉妹店< Kyoto Cafe>
http://www.tokyocafe.nl/
ダム広場から数分のスパウ(Spui)にあります。


Tokyo Cafe


http://kyoto-cafe.nl/
中央駅からダム広場に伸びるダムラック(Damrak)にあります。

Kyoto Cafe

< CAFE >
運河を臨むカフェとして、旅行者だけでなく、地元の人でいつも賑わっているのが< Cafe de Jaren>。屋内席もありますが、特に夏場は運河に臨むテラス席はいつも賑わっています。(簡単なお食事も摂れます。)
http://www.cafedejaren.nl/nl/de-Jaren/Home.html

Cafe de Jaren


・・・・さぁ、お腹がいっぱいになったところで、お土産選びのアドバイス・・・。
中央駅からダム広場、そしてムント塔へと伸びるダムラック(Damrak)、ローキン通り(Rokin)沿い、
さらに、その通りの1本東側の歩行者天国のショッピングストリート、ニューヴェンダイク(Nieuwendijk)、カルファー通り(Kalverstraat)沿いにはたくさんのお土産屋さんが並びます。
お勧めは・・・・。
「Damsquare Souvenir」
オランダらしい、アムステルダムらしいお土産が見つけられます。
特にミッフィーちゃんグッズを絶対にgetしたい!という方にはうってつけのショップ。
http://www.dutchsouvenirs.com/home.html
アムステルダムのミッフィーちゃんショップは市内南部、ホテルオークラアムステルダムから5分ほどのところにあります。
ちょっとそこまで足は延ばせないなぁ・・・という方にはお勧めです。

Damsquare Souvenirs / 100% Holland



また、ダムラック沿いの中央駅から程近いところにあるのが「Grand Bazar & Amsterdam XXXperience」
「I amsterdam」グッズ、アムステルダム、オランダの文字やシンボルの入ったTシャツや帽子、キーホルダーなど品揃いが豊富です。

Grand Bazar & Amsterdam XXXperience


さらに、もうちょっとダム広場に向かって歩いた右側にあるのが「Options!」
オランダらしいコンテンポラリーデザインのグッズが売られています。
このショップはこの春にオープンしたばかり!

Options!



レンブラント広場に新しくオープンした「Ajax Experience」
Ajax Museumとショップ


そう、オランダといえば「ダッチデザイン」として知られます。
そういった物をお土産に・・・・という方には「droog」のショップがあります。
< Cafe de Jaren > から市庁舎/ミュージックシアターへ伸びるスタール通り(Staalstraat)沿いにあります。
その先、20メートルぐらいのところには、チョコラティエ< Puccini Bomboni >があり、ここのチョコレートもお土産にお勧めです。

シンゲルの花市場の東側の端っこ、コーニングス広場(Koningsplein)からライツェ広場(Leidseplein)へ伸びる、ライツェ通り(Leidsestraat)・・・この通りにもポップなデザインのグッズやお土産を売るお店が見つけられます。

ライツェ通り沿いにある「PYLONES」
ポップなグッズが揃っています

折角の機会、地元っ子に混じってカフェで寛ぎ、食事を堪能!
一歩先を行く、アムステルダム旅行をお楽しみ下さい。
今年の8月、ベルギーのブリュッセルでは2年に1回の「グランプラス フラワーカーペット」が開催されます。
これからオランダ、ベネルクス旅行を計画される方、お近くのJTB各支店までお問い合わせ下さい。
(アムステルダム支店)